よりどころメンタル

強迫性障害の治療について説明します


このページについて:強迫性障害の治療について詳しく説明します。


強迫性障害の治療について考える際には、まず病気についての説明を聞くことから始まります。どのような治療法があるのか、また治療のメリットとデメリットを聞いて、納得が得られた段階で治療が始まります。

強迫性障害の治療には、薬物療法(薬を使う治療)と精神療法(心理療法)があります。

薬物療法では、SSRIというタイプの抗うつ薬を主に使います。SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor)の略語で、脳内のセロトニンを増やす薬です。うつ病や不安障害などの治療にも用いられますが、強迫性障害の治療にも有効です。また、三環系抗うつ薬に分類されるクロミプラミンなども有効です。

抗うつ薬の選択肢はいくつかありますので、一種類を使って効果が無い場合は、他の種類に切り替えることもできます。ただし、抗うつ薬なら何でも有効というわけではなく、例えばミルタザピンという抗うつ薬では有効性は乏しいようです。ですから、やはり基本はSSRIか三環系抗うつ薬と考えた方が良いでしょう。

SSRIや三環系抗うつ薬を強迫性障害の治療に用いる場合は、高用量でないと効果が出ない場合が多く、うつ病の治療よりも多くなることがあります。しかし、薬の量が増えると副作用のリスクも高くなります。副作用により薬が増やせない場合は、中等度の用量で用いることもあります。

抗うつ薬の使い方の特徴は、ゆっくり増やすこと、毎日使わないといけないこと、そして、効果が出てくるのが遅いことです。抗うつ薬は数週間かけて段階的に用量を増やしていきます。毎日飲み続けないと効果は出ません。そして、有効量まで増やしてから、さらに数週間して効果が出ます。人によっては効果が出るのに数ヶ月かかる場合もあります。長い目で見ながら使う薬だと思って下さい。このため、少なくとも3ヶ月くらい使ってから効果があるか無いかを評価します。もしも効果が出なければ、他の抗うつ薬に切り替えますが、その場合も同じくらいの時間がかかります。

抗うつ薬の効果があった場合、1年以上は同じ量で使い続けることが勧められます。減らすと症状がぶり返してしまうリスクが高いからです。本当に良くなって減らす時も、数週間から数ヶ月かけて少しずつ抗うつ薬を減らしていきます。そうしないと離脱症状(中断症候群)が出てしまいます。

抗うつ薬以外の薬として、アリピプラゾールやリスペリドンなどの非定型抗精神病薬という種類の薬を抗うつ薬と一緒に使うこともあります。これを増強療法と呼びます。また、最近ではグルタミン酸受容体に作用する薬も強迫性障害の治療に有効だという科学的なデータが出てきています。メマンチンやラモトリギンという薬の有効性が確認されているようです。しかし、日本では抗うつ薬以外の薬は保険上の認可が得られていないという問題があります。

強迫性障害の精神療法は、暴露反応妨害法という方法が一般的に用いられます。これは、あえて強迫思考を呼び起こすような状況に身を置いて、強迫行為を我慢するという方法です。例えば、汚いと思うものをあえて触り、それでも手を洗わないで我慢するというやり方になります。これがうまくいけば、少しずつ強迫思考も強迫行為も改善していくのですが、我慢するのが治療の基本なので、少し大変な治療と言えるかもしれません。

暴露反応妨害法は、薬を使わず単独で行っても良いですし、薬による治療をしながら行っても大丈夫です。強迫性障害を薬を使わないで治すのは大変なので、まずは暴露反応妨害法を単独でやってみて、難しいなと思った時は、薬を使いながらやってみるのが良いと思います。

強迫性障害の治療(ガイドライン引用)に戻る

参考文献: Clinical practice guidelines for Obsessive-Compulsive Disorder. Indian J Psychiatry. 2017.

#強迫性障害

49回の閲覧