自立支援医療について



通常、医療機関の窓口では、医療費の7割を医療保険が負担をして、残りの医療費の3割を自己負担しますが、自立支援医療の対象として認定された場合には、指定医療機関・薬局の窓口で原則、医療費の1割が自己負担となります(医療保険が適用にならない治療、投薬、診断書料などの費用は対象外です)。


申請方法について

申請は、お住まいの区役所窓口(高齢・障害支援課)で行います。申請してから、認定されて受給者証がお手元に届くまで、おおよそ2か月程度かかります。


有効期限及び更新について

自立支援医療の有効期間は1年間です。更新申請が開始できる年月が受給者証に印字されていますので、引き続き制度の利用を希望される方は、必ず更新申請を行ってください。有効期間を過ぎてしまうと、再申請するまでの間は自立支援医療が受けられなくなりますので、注意してください。


医療機関、薬局について

指定自立支援医療機関として指定された医療機関の中から利用者があらかじめ選択した医療機関(デイケア・薬局・訪問看護ステーションを含みます)でのみ、自立支援医療の適用になります(受給者証に記載されていない病院・薬局等では適用になりません)。


自立支援医療についての詳細はお近くの役所にお問い合わせください。



他のブログ記事