パニック障害の症状と治療

最終更新: 2月2日


パニック障害の症状


パニック障害とは、不安障害の一種で、パニック発作という症状が特徴の精神疾患です。パニック発作とは強い不安感や恐怖感と共に、動悸、発汗、体の震え、息苦しさ、胸の痛み、腹痛、吐き気、めまいなどの様々な体の症状が突然に生じるものです。こうした体の症状には、自律神経という神経が関わっています。俗に自律神経失調症と呼ばれることもありますが、自律神経の問題ではなく、あくまで精神疾患です。


パニック障害の症状はパニック発作だけではありません。一度パニック発作を起こすと、「またパニック発作が出るのではないか」という不安を抱くことが多く、これを予期不安と呼びます。また、パニック発作が出た場所を避けるなどの回避症状もみられます。パニック障害は、こうしたパニック発作や予期不安、回避的な行動などの症状が少なくとも1ヶ月以上にわたって症状が続く場合に診断します。


また、パニック障害では電車の中や、人混みの中、閉鎖された空間など、特定の場所が怖くなってしまうことが多いです。これを広場恐怖と呼びます。ただし、全員ではありません。


鑑別診断


動悸や息苦しさなどは身体の病気でも起きますから、こうした身体の病気の鑑別が必要です。また、パニック障害の症状は他の精神疾患にも見られるため、他の精神疾患も鑑別が必要です。併発した場合はパニック障害とは呼ばず、他の診断名をつけます。例えば、双極性障害でパニック障害の症状が同時にみられた場合は、双極性障害と診断します。


治療


パニック障害の治療は、まず病気を理解することから始まります。パニック発作は体に症状が出ているため、自分の体に異常があるのではと不安になることがあります。そうではなくて精神的な症状により体に症状が出るのだと理解すれば、不安を減らすことができます。


また、リラックスして、自分なりに不安をコントロールすることも大事です。ゆったりとした音楽を聴いたり、本を読んだりと、気持ちを落ち着かせて楽しめることを行ってください。自分なりの方法で十分です。また、目を閉じて深呼吸をする、瞑想する(マインドフルネス)という方法も心を落ち着かせる効果があります。


専門的に精神療法(心理療法)を受ける場合もあります。パニック障害の精神療法は認知行動療法が有名ですが、これは自分の否定的な考え方を見直したり、行動を見直したりする作業を医療者と一緒に行うものです。この他にも色々な心理療法があります。


パニック障害の薬物療法は、抗うつ薬を使います。これはうつ病の治療薬と同じものです。SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という脳内のセロトニンを増やすタイプが最もよく使われますが、SNRI(Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)という種類の抗うつ薬も有効です。また、少し古いタイプで、三環系抗うつ薬もパニック障害の治療に使われることがあります。三環系抗うつ薬の方がSSRIなどの新規の抗うつ薬よりも副作用が強いため、SSRIが無効な場合などに使われます。


こうした抗うつ薬は少量から始め、数週間かけて増やします即効性はありませんが、飲み続けていると少しずつ効果が出てきます。だいたい半分以上の方で症状の改善が見られます。3ヶ月ほど使っても効果がない場合は他の抗うつ薬に変更します。


病気が良くなって抗うつ薬を中止する場合は、少しずつ減らす必要があるので注意が必要です。いっきに減らしたり中断したりすると吐き気やめまいなどの離脱症状(中断症候群)が出ますので、急な中断は避けます。


また、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬もパニック障害に有効です。これは飲むと数十分で効いてくる即効性のあるタイプです。しかし、1ヶ月以上使用すると依存性が出てくるので、長期間の使用は控えた方が良いと言われます。


参考文献:

DSM-5(米国精神医学会)

Generalised anxiety disorder and panic disorder in adults: management(NICE: 英国国立医療技術評価機構)

他のブログ記事