社交不安障害の症状と治療



社交不安障害(または社会不安障害)は人と関わる場面で強い緊張、不安、恐怖が出てきてしまう病気です。これは対人恐怖症社交恐怖などとも呼ばれ、最近は俗にコミュ症と呼ばれることもあるようです。


症状


社交不安障害の症状は、他人と関わる場面、人と交流する状況で出現する強い緊張、不安、恐怖です。例えば、会議の場面、人前で話す時、上司とのやり取り、たくさんの人が見ている前で食事する時、人通りの多い場所に行く時などに強い不安緊張感が出現します。


強い不安、恐怖、緊張感は、体の症状をもたらします。動悸、冷や汗、息苦しさ、手足の震えや痺れ、吐き気、腹痛、下痢などが代表的な体の症状です。これらは自律神経の過剰な活動による症状なので自律神経症状と呼びます。


また、社交不安障害の人は思考パターンにも特徴があることも多いです。自分が人前でバカな失敗をしてしまうのではないか、余計なことを言って誰かを怒らせてしまうのではないか、うまく話せなくて恥をかくのではないかなどとマイナスの方向に考えてしまい、そうした考えがさらに不安を増幅させます。


こうした症状から、徐々に人前に出ることを避けたり、人と会話することを避けるようになります。これを回避症状などとも呼びますが、人を避けてしまうので、友達を作ることは難しくなります。また、プレゼンテーションを避けるようになったり、会議に参加できなかったりすると、職場で困ることもあるはずです。人と接する場面を避けると、生活に大きな支障が出てしまいます。これが社会不安障害の弊害です。


発症年齢


社交不安障害は、人にもよりますが、典型的には10代から徐々に症状が出てきます。ただ、積極的に治療を受けようと思う人は少ないようです。病院に行く人でも、何年も症状に苦しんでから、ようやく病院に行くことを決意する人が多いのです。


鑑別疾患


社交不安障害は、広場恐怖や全般性不安障害など他の不安障害でも社交不安障害と似た症状になることがあります。また、統合失調症という精神疾患でも他人の視線が怖いなど社交不安障害と似た症状が出ます。このように、他の疾患の可能性を考えて診断しないといけません。また、身体的な要因として甲状腺疾患などの鑑別も必要になります。当院では血液検査で鑑別しています。


なお、巷では自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群等)という発達障害の一種と、社交不安障害が混同されることがありますが、両者は全くの別物です。自閉症スペクトラムの人は、他者の感情や考えを読み取る能力の障害を持ちますが、雄弁な方、社交的な方も沢山います。例えば、空気を読まず沢山話す方が典型例です。自閉症スペクトラムの方が、必ずしも人と関わる時に不安緊張を抱くわけではありませんので、混同しないようにしましょう。


治療


社交不安障害の治療は薬を使う治療(薬物療法)と、精神療法(心理療法)に分かれますが、どちらも数ヶ月単位の時間が必要です。薬は主にSSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor: 選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬を使います。これはうつ病の治療薬と同じものです。まずは数週間かけてこの薬を増やしていきます。すると、数週間して徐々に効果が表れます。SSRIには即効性はありませんが、有効性が科学的に示された治療です。


また、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬を使う場合もあります。ベンゾジアゼピンは即効性のある薬ですが、依存性や眠気、集中力低下など副作用もありますので注意が必要です。


精神療法では、ネガティブな考えや否定的な自己像を修正していく認知行動療法という治療と、段階的に人と関わる、社交的な場面に慣れる練習をしていく暴露療法という治療などがあります。社交不安障害の認知行動療法では、基本的に暴露療法が含まれています。


暴露療法は会話によるカウンセリングというより、トレーニングというイメージが合います。不安、緊張を抱く場面に繰り返し自分をさらすことで、その場面に慣れるという治療法です。ただし、無理なく、焦らず、段階的にトレーニングしていきます。また、強い緊張をほぐすことが大事なので、リラクゼーションはとても大切です。まずは深呼吸から実践してみて下さい。


参考文献:

他のブログ記事