TMSを受けた患者様のデータベースについて



平素よりお世話になっております。


現在、慶應義塾大学の主導で、TMSによる治療を受けた患者様のデータベースを構築しております。これは患者様のうつ症状などの所見をデータベースに登録する観察研究であり、侵襲的な処置はありません。こうしたデータベースは医学の発展に役立てることができます。


当院もこのデータベース構築に協力させて頂くことになりました。詳細についてはPDFファイルにてご確認ください。ご協力いただける方には、当院にて同意書を配布させて頂きます。宜しくお願い致します。


オプトアウト文書_第1
.4版
Download 4版 • 452KB

他のブログ記事